災害に対して自分たちにできること

0

     まずはじめに、この度は西日本豪雨により被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げ、お亡くなりになられた方々につきましては心よりご冥福をお祈り申し上げます。被災された地域の一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

     岡山でこのような災害が起こると思っておらず、私自身も近隣で堤防が決壊したにもかかわらず特に準備もせず翌朝まで気が付きませんでした。近隣の現状を見ることで、日頃より災害に対する意識が低いことに気づかされ、避難せずに自宅で寝ていたことに恐怖を感じました。担当させていただいているお客様に災害についてお聞きすると私同様に「今まで何もないから大丈夫だと思った」「うちの家は問題ない」「非難する場所がわからなかった」と話され、避難指示が出ていたお客様で避難所やご家族の家等に避難された方はおられず、自宅2階に避難された方1名であり災害に対する意識が低い状態が見受けられました。多くの方たちは避難指示が出てから避難しようと考えられている方が多く、避難指示の段階では天候の状況の悪化により動くに動けない状況に陥られ家にとどまっておられましたが、避難に対するレベルを再確認すると避難準備・高齢者等避難開始となっていました。私たちが関わっているお客様は避難準備・高齢者等避難開始段階で避難を開始しなければならなかったことになります。

     なぜ避難の実施ができなかったのを考えると普段からの準備ができていなかったことが挙げられると思います。日頃より行政が出している情報の確認、防災ポータルサイト等を確認しておく必要があると思いますが、現状ご自宅がネット環境にない、スマートフォン等の情報機器が使用できないなど情報を得にくい状況にある方たちは大勢おられます。また、避難したくても介助しての避難は難しい為避難できないという方もおられると思います。私たちにできることは、専門職として多職種や地域住民の方たちと連携しチームとして災害時の準備確認をしておく必要があると思います。岡山市が発行しているハザードマップやNTTが現在配布している防災タウンページ、訪問看護協会が発行している災害マニュアル等使用し、日頃から災害別にどのように避難するのかシュミレーションし、避難が困難であれば他の方法を考えることで防災への意識を高く持つことができるのではないかと思います。
     「80年住んできてこんな水害にあったのは初めてじゃ」と話された方がおられました。今までになかった災害がどこで起きるかわからない現在です。安心、安全にご自宅で暮らしていただくためには災害に対する準備も今までになかったレベルで行うことが必要なのだと思います。

    訪問看護ステーションキャスト
    野尻 方博

    被災者支援

    0

       このたびの西日本豪雨により被災された方に対し、心よりお見舞い申し上げます。
      今回の豪雨災害について、倉敷市真備町では甚大な被害を受けられました。アルフィック総社には真備町からのお客様も多くご利用されており、被害の大きさについて身をもって感じているところです。事業所周辺では大きな被害はなく、週明け7月9日より無事に営業を再開できています。営業再開初日、午前中に、あるご近所の方が来所され、「真備町の施設を利用していたのだけど、被災してしまい入浴に困っている。入浴だけでもさせてもらえないか」といった相談を受けました。もちろんご期待に沿いたいと思い、事業部長に相談したところ、会社としても既に役員の方の中ではそのような検討・対策がなされており、その結果当日のうちに会社の方針として「被災された方へ、お風呂無料開放」という対応が決まりました。そこで7月9日より、サービス提供時間終了後にご希望者には来所いただくように準備しています。当社ホームページでの広報はもちろんのこと、総社市役所へ広報を依頼するなどの結果、問い合わせもあり、2日目には3名のご利用がありました。入浴に来られた方のひとりが、当事業所の浴室のお湯が張って光景を見て「涙が出そう」と言葉を漏らしました。日常では当たり前のことが災害により当たり前ではなくなる怖さ、日常の当たり前のありがたさを感じました。日々、当たり前に流れていること、すべてに感謝し、私たちが今できる支援を事業所としても考え、行動していきます。
      デイサービスセンター アルフィック総社
      中原 徹

      スタッフが主体となって(身体拘束委員会)

      0

        今年の4月に介護保険が改正され、グループホーム事業部で最重要項目として挙げられたのが、「身体拘束等の適正化」についてです。この改正に伴い、はるやでは、更なる適正化を図る観点から、身体拘束等の適正化のための対策を検討する委員会を設立しました。
        今回の委員会立ち上げに携わってくれたのが、ベテランスタッフです。休日に、身体拘束に関する研修に参加し、知識を深め、研修で学んだことから新たな提案をしてくれました。提案は、スタッフの心理面についてのアンケート集計を行い、問題について改善を図るとのことでした。身体拘束が発生する要因として挙げられるのが、スタッフの心理面が多大に影響するとのことです。職場で不安・不満があっても言うことが出来ない、スタッフ間に関する悩みなど、精神的な部分が不安定になると介護ミスや不適切なケアに繋がる要因となります。現在、アンケートの集計が終わり、委員会で話し合いを行い、問題解決に向けて委員会が主体となって、取り組んでいる最中です。
        この取り組みは大変な役割ですが、ベテランスタッフ達が主体となって取り組むことで、今以上に職場環境が良くなるのではないかと考えています。責任者が中心となって、職場環境の改善を図ることも大切ですが、各スタッフが主体となって、問題について考え、問題解決に向けて行動するということは、更に大切なことだと思います。
        私一人の力では、介護保険改正に伴う取り組みや職場環境の改善など、到底一人では太刀打ちできません。これからも、仲間と一緒に力を合わせ、様々なことに挑戦していきたいと思います。

        グループホームはるや
        立花 圭

        安全運転管理者講習に行ってきました

        0

           6月13日に安全運転管理者講習に行って来ました。西大寺所属時に受けていたので初めてではないのですが、7年ぶりに講習に参加しました。1日研修でしたが、運転マナーを高めることで事故防止につながることへの理解が主な内容でした。

           マナーとルールの違いから整理していき「ルールは社会生活上の最低限の決め事、ルールに反すれば罰がある。マナーは社会人として心得るべきふるまい、思いやり。マナーに反する行為は恥、他者にとっては迷惑。モラルとは人間としてあるべき姿と行い。モラルに反する行為は軽蔑、非難される。」ということでした。岡山県はウインカーを出さない県、ワースト1らしいですが、ウインカーを出さないのはマナー違反ではなく、ルール違反をしていることの認識がない。このようにまず、ルールを守ることが絶対ですが、ルールを守りさえすれば何をしても良いのかということが問題なのです。割り込み、あおり運転、道を譲らない・・・。 ここで大切なのは、あくまでルールは最低限の決め事であって、そこにマナー、モラルがなければ、他人が迷惑し、非難を浴び「自分ファースト人間」ばかりが出来上がってしまう。自分のことばかり考えている人がいるから交通事故が減らない、だからマナーの向上、思いやりの意識が向上すれば事故防止につながるという話です。交通社会だけでなく、世の中、社会全体がそうなっていっているという提言もありました。


           私はこの話を聴きながら交通社会を会社という社会に置き換えて聴いていることに気が付きました。情意考課の中に「品格」という考課があります。「品格」というと所作やみだしなみの事を考えてしまいがちですが、ここにはマナー、モラルが守れているかという注釈がついています。「ルールを守っているから自分はいいんだ。」ではなく、社会人としてのマナー、共に働く仲間への思いやりがある「品格」がある社員を育てることが、良い会社風土につながることへのメッセージが込められているような気がします。マナー、思いやりへの意識、つまり「品格」への向上心が高い社員が増えれば増えるほど、定着率の向上や一定の社員への過負荷が減るのではないかと最近良く考えさせられます。経営理念にある「あてにしあてにされる職場づくり」これは簡単に言えば「お互いに思いやりを持って働くことができる職場づくり」ではないかと私は思うのです。

           まずは私自身が「自分ファースト」にならないよう日々日々自分を客観視していきたいと思います。

          通所介護事業部 統括責任者 高田 良介

          初収穫(^▽^)/

          0

             今年初めての試みとして、アルフィックセカンドで菜園を始めました。
             玉野市在住のお客様の多くの方から、「自宅で畑や花いじりをしていたのにできなくなった。誰かが手伝ってくれればできるのに。最近の若いもんはしてくれん。」と言われたことがきっかけでした。
             数年前からスタッフからも菜園の希望がありましたが、現状なかなか取り組むことが出来ず、今年やっと営繕スタッフに多大なるご協力をしていただき、やっと収穫まで行う事ができました。できたてのトマト・なす・きゅうり・ピーマン(ピーマンだけは小さくてまだ収穫まで到達していません)を収穫し、周りに立ち込める野菜のにおいでお客様からは「懐かしい、うれしい。」と言って頂けました。

            これから本格的な夏を迎える前に、七夕飾りや菜園横に植えている向日葵がお客様やスタッフの目を癒してくれるでしょう。

            来年は何を植えようか・・・(o^―^o)ニコ

            アルフィックセカンド  先田 忍

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            SELECTED ENTRIES

            BACK NUMBER

            SEARCH

            MOBILE

            qrcode

            ARCHIVE

            OTHERS