認知症機能訓練4DAS開始!

0
    葦束は認知症専門のデイサービスです。
    一人ひとりのお客様がその人らしく安心して過ごせる日中の居場所となり、住み慣れた自宅で最愛のご家族と少しでも長く過ごせるようお客様に関わらせていただいています。

    そうした中で、日々行っているケアを、わかりやすく見える化できないか?という事を常々考えていました。
    そんな時、認知症機能訓練4DAS【4DASとは:身体機能、認知機能、生活機能、認知症の行動・心理症状(BPSD)の4つの側面からアセスメントを行い、対象者を8つのタイプ(A〜H)に分類して、タイプに応じた認知症機能訓練を実施する手法です。】の存在を知りました。
    どうしても4DASを葦束に取入れたいと思い、昨年10月に講師の先生を招き研修会を開催しました。

    その後、OTを中心に、スタッフ間での評価の取り方や身体機能の測定方法の勉強会を重ね、試験的に実施。実施後には再度評価やグループ分けのすり合わせを行い、4DASを活用した葦束の認知症リハビリテーションの流れが完成しました。


    今後は、認知症のアセスメントに基づく適切な認知症リハビリテーションを提供し、生活機能の維持や認知症の進行抑制、行動・心理症状(BPSD)の予防に繋げていきます。
    また、葦束が認知症リハビリテーションを提供していく認知症専門のデイサービスとして、認知症の初期段階から利用して頂き、軽度の期間を長く保つことで安定した在宅生活をいつまでも続けていける事を目指していきます。


    認知症対応型通所介護 葦束
    藤井 由美

    初心を思い出して

    0
      先日、お盆のお墓参りに行ってきました。
      朝9時前だというのに、気温は既に37度、とても暑い日でした。

      この時間帯は、お墓に訪れている人はまだ少なかったのですが、まず最初にすれ違ったご婦人が、目が合った瞬間にとても爽やかな笑顔で「おはようございます〜」と元気なご挨拶をしてくださり、その後も「ご苦労様〜」 「おはようございます、暑いですね〜」と、お墓の掃除をしている間に数名の方々と挨拶を交わしました。
      そして汗だくになりながらも挨拶を交わすたび、暑さを少し忘れさせてくれるような清々しい気持ちになりました。

      「相手に聞こえていなければ挨拶をしたことにならない、大きな声で挨拶をしなさい」と子供の頃よく母に言われました。そして自分も子供たちにそう教えてきました。

      私が当社に入社して数年経ったころ、こんな出来事がありました。
      朝出社して廊下ですれ違った初めて見る顔、その日入社したばかりの社員さんでした。
      「おはようございます!」と挨拶をしたのですが、頭を少し下げただけの無愛想な感じ、正直あまり良い印象ではありませんでした。
      でも、それから数日が経過した頃にまたすれ違ったときには、今度はとても親しみやすい雰囲気で挨拶をしてくれたのです。
      私の中でそれまで抱いていた印象が180度反転し、良い印象に変わりました。
      後で聞いた話ですが、前の職場ではこんなふうに明るく元気な挨拶をする風土が無かったそうです。
      でもこの会社では皆が元気な挨拶をするので自分もそうしなければならないと思うようになったとのことでした。

      実は私自身もこんな経験があります。
      “すれ違うときには立ち止まって挨拶をしましょう”と研修で習いましたが、なかなか実践できていませんでした。
      ところが、ある女性社員が立ち止まって丁寧に挨拶をしてくれる姿を見て、素敵だな自分も見習うべきと思い、それからずっと今も実践しています。

      当社では皆が大きな声で気持ちの良い挨拶をする素敵な風土があります。

      “挨” には、心を開く
      “拶” には、心に近づく という意味があり、
      挨拶は
      『あなたの存在を見つけました、宜しくお願いします』という人間関係をスタートさせるための大切な第一歩です。
      会社でも、家庭でも元気な気持ちの良い挨拶を心掛けたいものです。



      初心を思い出させてくれる有意義な夏季休暇をいただきました。

      総務部 経理 藤井小百合

      子ども参観日

      0

        ママック岡山では初めて、私の子どもを含め2名で、子ども参観日を開催させていただきました。

        今回、子どもたちと一緒に訪問先に行かせてもらい訪問リハビリの見学というのがメインで、事前にお客様に子どもの見学の許可を取らせて頂きましたが、どのお客様も二つ返事で快諾してくださりました。

        当日、子どもたちは緊張の面持ちでしたが、専務から話しかけられたり、子ども用の名刺で名刺交換を行ったり、スタッフと挨拶を交わすうちに徐々に慣れていった様子が伺えました。訪問中は、お客様も楽しみに待っていてくださったようで、普段ではなかなか見られないような表情で対応してくださり、家族の方たちからも、この取り組みに関して高評価をいただけています。

        今回、私の子どもも参加しましたが、家ではなかなか仕事の話をしないので、見学することで少しでも父親の仕事がどのようなものなのかを感じることができたのかなと思います。私も初めての経験でしたが、お客様に喜んでもらうことができたことと、子どもにどう自分の仕事内容を説明すれば理解しやすいかなど、普段なかなか考えないことを考えることができ貴重な体験ができました。そして何より無事に終われた事に対してホッとしています。

        最後になりましたが、今回の子ども参観日の企画、準備をしてくださった方々に感謝申し上げます。貴重な経験をすることができました。ありがとうございました。



        訪問看護ステーション ママック岡山
        福井 立基

        お地蔵さんと水やり

        0

          佇まいのせいなのか、容姿のせいなのかわかりませんが、私はお地蔵さんみたいと言われることがあります。

          10年程前の話、当時担当させて頂いていた方から「畑に行って水やりをしましょ」と声を掛けて頂きました。
          その時、水やりをしながらこのような話をして下さいました。


          「水は花や葉の部分ではなくて、根っこにあげた方がいい。

          それと根っこの周りにも忘れずに。

          植物を育てるのも人を育てるのも同じ『こえ』ですよ」


          長い年月を経て、たくさんの失敗を繰り返し、当時よりはこの言葉の意味を理解することが出来るようになってきたと感じます。


          植物に肥を与えるように、人には声を届けること。
          それはその人の根っこに届くように。
          そして、その人を支える周りの人達にも忘れずに。


          「お地蔵さんみたい」と訪問の度に、手を合わせて頂いた方からの大切な言葉です。


          訪問看護ステーション ママック・ママック岡山
          所長   廣畑 淑郎

          あと1カ月で100歳になります

          0

            グループホームはるやのお客様の中に8月末で100歳を迎えられる方がおられます。
            ホームページ・テレビCMなどにもいつも素敵な笑顔と場を和ませる雰囲気をもち職員も癒して頂く事も多々あります。

            「100歳」と聞いて、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか?
            私の個人的な考えですが以前「100歳」と聞くと弱々しく、腰が曲がりいつもうつむきかげんで動作もゆっくり食も細くなりといったマイナスイメージが多かったようにと思います。

            私がグループホームに勤務して沢山の高齢の方との出会いがありました。
            入居された5年前の印象は90半ばとは思えないほどの元気一杯・元気満々と表現しても言いすぎではなかったと思います。

            元気な秘訣はなに?一般的にはバランスの取れた食事・睡眠・生活習慣などあげられますがこの方のかかわりの中でこのような事を感じます。

            十分な睡眠・・・睡眠時間は12時間  
            食事・・・好みはあるがいつも完食 好きな物はお代わりもする。
            性格・・・話好きで話題が豊富 人なっこく話の最後には大きな声で笑う。
                自分の中に溜め込まず人に話をし色々な事に興味を持ちおおらか。

            先日ご家族の方が来られお誕生日の話になり「おばあさんはここに居るから元気なんよ!家に居ったらこの暑い中外の草も気になるし、話相手もおらんしな」と話されていました。
            高齢の方にとって生活環境・規則正しい生活・人とかかわる事での刺激もとても大切だと感じます。

            100歳のお誕生日を想像すると今から職員はワクワクします。いつものように満面の笑顔で職員に「ありがとうな」と手を合わされる姿が目に浮かびます。
            私たち職員もこの方の手を取りグループホームで100歳を迎えられた事に感謝します。
            そして来年も今と変わらず笑顔で生活ができるようサポートさせて頂ける事をやりがいに頑張っていきます。

            グループホームはるや
            原  広美

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            SELECTED ENTRIES

            BACK NUMBER

            SEARCH

            MOBILE

            qrcode

            ARCHIVE

            OTHERS