「今、出来る事。」

0






    新型コロナウイルスの感染拡大により、より一層の感染拡大防止対策を通所介護事業部で行っています。

    「密閉」「密接」「密集」の三密を可能な限り避け、お客様と社員を守りながらの運営です。
    様々な事に気を配りながら改めて感染対策の難しさを思い知らされました。
    もちろん以前から気を付けないといけない感染症に対して、感染対策を行って来ています。
    手洗い、うがい、マスク着用、消毒、換気、、、基本的な項目はどの感染症も同じですが、お客様と社員にプライベートな行動まで自粛要請をするのは初めてです。
    価値観にバラつきがあるのは当然なのでそれぞれ受け止め方も違います。ウィルスが目に見えればいいんですが、、、

    いっその事、どこかの国みたいに「禁止令を出してもらえれば」とも思いますが、愚痴になってしまいますし。
    お客様と社員を守りながらの運営には「感染対策をお願いします。」という形で徹底して言い続けるしかありません。
    ここが難しい。「禁止」とか「絶対」とか言えない。あー、困る。

    必要なのは、期待するのは、みんなの勇気の声。
    「今はダメだと私は思う。」
    引き留める勇気。もとより自分も。

    私たちは、今後の感染症に対する意識改革をここで徹底的にやって今後に活かさなければと思います。
    不謹慎ではありますが、いつ新型コロナウィルスが収束するか分からないし、さらに新しい感染症も出てくるかもしれません。
    常日頃からの意識、意識が行動に変わるを呼びかけをしていきたいです。

    一方で、三密を避けるため働き方は随分変化しました。

    お客様と直接関わる私たちの仕事。テレワークはできません。
    研修、会議などの部分については優先度、重要度を考慮し研修の中止やWeb会議をより一層導入するなど、スリム化が進んでいます。
    そもそも必要だったのかとか、その効果はどうだったのかが後々の結果として出てくると思います。
    私たちは三密を避ける対策の中で、働き方を整理する期間に充てられるのではないでしょうか。

    さて、今日もデイの運営は今のところ続いています。
    休業要請が出れば別ですが、感染拡大防止とお客様の活動性を維持、確保するという両輪を動かす使命を私たちは担っています。

    コロナの不安がある中で、来所して頂いているお客様。
    コロナの不安がありお休みされているお客様。

    価値観は様々で、否定も肯定もできません。

    ただ、お家の生活だけでは、どんどん活動量が減っていくことは自粛生活の私たちも同様で、容易に想像ができます。
    これは何とかしなければ。

    私たちが、今できる事。

    「お家にいること」だけではないような気がします。


    通所介護事業部 統括責任者
    高田 良介

    1年たちました(^▽^)/

    0

      セカンドからアルフィックに配属になって1年がたちました。
      つい先日、お客様と帰りの送迎時に花見をしに寄り道したところ、「そういえば、去年花見をしたはずなのによく覚えていないです。よっぽど業務に必死だったんでしょうか?」というと「何を言っとん。所長はもうずいぶん前から一緒におる感じよ。お局様みたいじゃわ。」と車内は大爆笑!「そんなことないでしょう?」と言おうとした言葉にかぶせるように「ないない。所長は、昔―っから私らの事を知っとる。」と言ってくださいました。その言葉に、本当に心からありがたいし嬉しいと思いました。
      お客様の送迎を終え、運転しながら1年間を振り返ると、お客様にもたくさん助けてもらい優しい言葉をかけていただきましたが、本社スタッフにも本当にたくさんの優しさ・楽しい時間等たくさんの事を共有させてもらったなと感じました。
      まだまだアルフィック本社は1年生ですが、忙しくても失敗しても仲間が必ず助けてくれる、チーム本社を築いていくために自分にできることを少しづつ増やしながら、日々過ごしていきたいと思います。
      新型コロナにも負けない、強いチームとなるように努力しますので、本社の皆さんこれからもよろしくお願いいたします。

      追伸:皆さんも新型コロナウイルスのために自粛や制限がかかり大変でしょうが、この危機を協力し合って乗り越えましょう!





      アルフィック本社   先田 忍

      祖母との思いで

      0

        先月3月3日に祖母が亡くなりました。享年91歳の大往生でした。

         

        祖母は60代で脳梗塞を発症し、左半身にマヒが残りました。

        今までが一生懸命働いてきた分これから自分の時間を楽しもうとしていた矢先でした。思うように動かない体と整理がつかない気持ちに、毎日イライラしてばかり。一緒に住んでいた数年間、最初は優しく接していた私も、顔を見ることさえも嫌がり冷たい態度をとるようになってしまいました。

        その後長男の住む香川県に引っ越し、ホッとさえしていました。

        数年たったころ、祖母と母と3人で温泉に行ったとき、服の着脱や、装具がない状態での歩行介助と目の前でテキパキと介助を行う母をみて、これくらいならとやってみるも「あんたは怖いからお母さんに代わって。」と言われる始末。

        何も出来ない自分がショックで恥ずかしくなりました。祖母の手助けをしてあげたいと、

        その出来事があったからこそ、今介護の仕事を天職だと思える自分がいます。

        ここ数年は、近いからいつでも行けると、足が遠のいていました。

        もっと会いに行っておけばよかった。「もしもし、ばあちゃんよ。元気?」と頻回にかかってくる電話にちゃんと出てあげればよかった。祖母の大好きな芝桜を毎年連れて行ってあげたかったと寂しく思います。

        でも、いつも何が食べたい?と聞くと「焼肉!とビール!」と答え、ご飯の時は震えまくる右手も煙草を吸う時がピタっと止まり、「しあわせじゃ」と笑う祖母の笑顔も浮かびます。

        最後を看取ることはできませんでしたが、いつも思い出すのは少し照れながら笑う祖母の笑顔です。

         

        ,丗垢帆鎚譟 ´△丗垢帆鎚譴搬

         

         

         

        ディサービスセンター アルフィック十日市

        河野 三恵

        専門職の自覚と自制

        0

          (画像:岡山県保健福祉部健康推進課資料より)

          世界的な新型コロナウィルスの蔓延と共に、国内でも一部都府県に緊急事態宣言が出るなど感染症対策の渦中にあります。
          感染されている方、また残念ながらお亡くなりになられた方々に心よりお見舞いと哀悼の意を表します。日本に限らずこの状況が打開される光が1日も早く見えることを祈念すると共に、今は自分にできることに尽力したいと思います。

          収束した訳ではないので早いかもしれませんが、この一連の状況において「情報」というものについて感じることを書きたいと思います。
          中国で発生してから現在まで、マスコミをはじめ各メディア、インターネット、SNS等で様々な意見や情報が氾濫しました。

          感染力が非常に強いことや肺の繊維化や換気能に後遺症的な影響も起こり得ることなど注意と対策の重要性、警鐘を促しつづけることに疑念の余地はありませんが、個人的にはマスコミ、メディアの報道については、何が論点なのか情報として何が大切なのかが不透明で、ただ未知のウィルスである点や死亡者が何名といった闇雲に危険を煽っただけのように思え、選挙や政党支持率に影響が出そうな中高年の有権者に対する自粛要請や批判的意見は少なかったりと、インタビュアーやコメンテーターのやり取りも番組としての予定調和の展開でしかないようにも思えて遺憾でした。かたやインターネット、SNSでは玉石混交、ゴシップや摩訶不思議といえるような珍情報まで入り乱れており、情報の信頼性の判断が難しいことを改めて痛感するところです。

          その中で一番危ないと思ったのが、中途半端な知識や肩書きをもった人によるいかにも正しい雰囲気を出した発信です。
          どこから引っ張ってきたのか分からないデータ、データや他者の意見を断片的に用いたり、一般の人は判断しにくい資料などを背景に自分の意見に合わせた情報を取り合わせた自己解釈の発信です。そして、私は「○○(資格名)です」等を付けて発信しているものも少なくなく、個人の意見なのか客観的な情報なのかもわからないものが多くみられます。

          勿論、言論の自由もありますし、インターネット上は個人の情報発信におけるハードルが低いのは既知の事実です。
          また、その発信をされている方も自らのもつ知識と調べた内容を基に発信されているのだと思います。社会のためを思っての発信でもあるかと思いますが、その裏に自己承認欲求、自己顕示欲が見え隠れするもの、あわよくば自らのビジネスに誘導するようなものもあります。
          情報があること、多くの情報へのアクセスが当たり前になっている今、発信をする側のリテラシー、モラルが問われます。自由や権利主張だけでは社会のバランスはとれません。
          中途半端な知識と肩書きに頼った情報は混乱を招くだけであること、もっと厳しい言い方をすれば身の程を知った上での発信が重要なものと場面があることを私も含め専門職は強く認識すべきだと思います。

          自らの技能を他者と社会のために役立てることは、特に医療・介護・福祉の専門職の責務でありますが、状況を正しく認識し専門職としての自覚と自制をもった言動をしていきたいものです。


          アール・ケア コンディショニングセンター
          栗山 努

          居宅介護支援事業部 NEW FACEご紹介

          0


            桜の花もほころび、ぽかぽかと過ごしやすい季節となりました。
            新型コロナウィルスの感染拡大が深刻となっている昨今、皆様不安を募らせながら過ごされている事と存じます。罹患された方々、生活に影響を及ぼされている地域の方々には、心よりお見舞い申し上げます。

             アール・ケア居宅のトピックスとしましては、この度、1/21〜岡山居宅に1名、4/1〜玉野居宅に1名、新たにケアマネジャーの新戦力が加わりました!!
             岡山居宅配属の徳永優子CMは、デイサービスや福祉用具のスタッフとして経験を積み、念願だったケアマネジャーの仕事を毎日はつらつとこなしています。竹を割ったような、真っ直ぐで素直な方で、とてもサッパリとしていますが、お客様の生活に寄り添い、一緒に課題を乗り越えて行く姿には彼女の熱い想いを感じます。
             玉野居宅配属の寒川淳哉CMは、ケアマネジャーとしての経験もあり、専門職として「もっと成長したい」という志を持って当居宅に来て下さいました。そのご意向に沿えるよう、居宅スタッフ全員でしっかりとサポートしていきたいと思います。
             アール・ケア居宅には新人ケアマネジャーの育成を役割とする「主任介護支援専門員」が玉野・岡山併せて8名在籍しています。教育体制が備わっており、未経験のケアマネジャーでも安心して働いていただける事・・・これはアール・ケア居宅の大きな強みだと思っています。
             以前、山根社長の言葉に「ケアマネジャーの良し悪しは人間力と、プランが自立支援の観点を重視しているか否かに尽きる」とありました。人として、専門職として成長していける仲間が増えた事に、心から感謝しながら、これからもアール・ケア居宅は邁進致します。
            介護にお困りの方がおられましたら、お気軽にお申しつけ下さい。


            居宅介護支援事業所アール・ケア岡山
            紙谷 えり子

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            BACK NUMBER

            SEARCH

            MOBILE

            qrcode

            ARCHIVE

            OTHERS