学ぶかたち

0



     コロナウィルスの影響で夏の甲子園の開催が春の選抜大会に続き中止が決定してしまいました。私も元高校球児で私の時代は(甲子園には出場していませんが)阪神大震災が起きた年代で、その時も春の選抜大会の開催は難しいと言われていました。しかし様々な方の協力や援助で開催できたことを今回の件で思い出しました。その他、今まで様々な災害などに対して逆境を跳ね除けて開催してきたものが、まさかコロナウィルスの影響で春も夏の甲子園も中止になるとは、、、 高校球児達の1つの大きな目標・夢がなくなったことで今は非常に辛い思いをされていると思いますが、新たな目標を目指し頑張っていただきたく思います。

    話は変わりますが、今年、自分自身の目標として学会発表を行おうと決め、昨年末から準備を進めていたのですが、残念ながらコロナウィルスの影響で今年発表しようと思っていた学会は中止となってしまいました。他の研修や学会なども軒並み中止や延期になっており、我々リハスタッフの研修等に限らず人が集まって学ぶ形式のものは難しい状況が続いています。

    そのような状況の中、現在Web上で視聴し学ぶ方法など形を変えたものが、次々と出てきています。座学での学習も、もちろん重要な事で今はそちらの方を重点的に行うべきだと感じています。しかし私たちのリハビリ業務は患者様を動かす感覚やタイミングなどのアプローチが非常に重要であり、やはりセラピストが集まり意見を出し合いながら動かし方を学ぶ研修や、自分が患者様に行ってきた成果などを発表し、他の方の意見がいただける学会など行う方が私自身の意見ですが達成感や成長が強く感じられるものだと思います。

    今後、コロナウィルスがどのように影響してくるか分かりませんが、来年度は通常どおりに戻ることを信じ、今できることを行いながら、次回開催された時に、よりよい発表ができるよう準備を進め、自己成長していければと思っています。

     皆様もコロナウィルスに負けないよう、日々気を付けて生活していってください。


    訪問看護ステーション ママック岡山
    福井 立基

    野比のび太

    0


      野比のび太。

      僕の好きな人物です。

      きっと多くの人は、ドジでいつも失敗ばかりしている姿を思い浮かべると思う。

      そんなのび太君と重なるところが自分にはたくさんある。



      仕事をしているとよくこんな言葉を耳にする。

      「周りの人に迷惑をかけたくない」

      この言葉の裏には、

      「本当は役に立ちたいけど、今の自分には難しいからせめて迷惑をかけないように・・・」

      という気持ちもあるのではないかと思う。



      僕も迷惑をかけたくない。

      もちろん、本当は役に立ちたい。

      でも僕はのび太君と同様、役に立つより迷惑をかけることが得意だ。

      もちろん、昼寝も得意だ。


      でもでも「役に立つ」でも「迷惑をかけない」でもない価値がのび太君と同様、自分にはあると信じている。

      それは、知識が豊富なわけでもなく、面白い話が出来るわけでもなく、人を惹きつける特技があるわけでもなく、ドジでいつも失敗ばかりしていても、いつも自分らしく、のんびりで不器用にでも自分の人生を生きている姿を肯定し支えてくれる人がいるからだと思う。

      僕を助ける一番のひみつの道具はきっとこういった存在だとわかった有意義な昼寝でした。


      訪問看護ステーション キャスト
      所長  廣畑 淑郎

      手作りマスク

      0


        グループホームではインフルエンザの対策として11月から出勤時には手洗い・うがい・
        手の消毒・検温を行い仕事中マスク着用を徹底し行ってきました。
        私たちで出来る予防を現在も継続しています。今年はインフルエンザに感染したお客様・スタッフ0名でした。
        新型コロナが全世界で感染拡大し手の消毒・使い捨てマスクも注文が出来ない、店頭にも無い状況、社内にある使い捨てマスクも数に限りがあります。グループホームは生活の場なので、
        お客様・スタッフが万が一感染した時の事も考えると緊急時に備えて使い捨てマスク・予防着の代用になる雨合羽・ゴーグルなどの準備などもしています。

        ある時YouTubeを見ていると手作りマスクが沢山紹介されているのを私はぼんやり見ていました。手作りマスク?効果があるのかな?と思い調べてみました。
        「せきエチケット」を守る為には効果がありそうです。つけるときには鼻から顎の下までカバーし、顔との隙間がないように着ける事も大切だそうです。
        結果今では休みになると手作りマスクづくりに励んでいます。
        最初はスタッフに声を掛け使い捨てマスクを利用できるようにマスクカバーを作りましたが、かなりの息苦しさで今では立体マスク、折り上げ立体マスク・大臣風マスクなど少しでも息苦しさを感じず仕事がしやすいマスクを作る用にYouTubeとにらめっこしています。

        こんなエピソードがありました。出来上がったマスクを見るとそれは手縫いのマスクでした。私はミシンで縫うものだと勝手に思い込んでいました。ひと針ひと針丁寧な縫い目を見て私はとても感動しました。どんな状況にあっても人の為に誠意を尽くす気持ちに感謝で一杯です。
        男性スタッフもマスク作りに挑戦してくれました。最初は立体マスクを何時間もかけて手縫いで作っていましたが今ではミシンで折り上げ立体マスクを30分ほどで縫い上げています。
        マスク作りを通して色々な築きがありました。
        得て不得手はありますがスタッフが協力的だった。
        製作に関して意見を出し合いより使いやすく作りやすい物が出来上がっていった。
        材料も手分けして購入することが出来た。
        マスク作りを通して楽しみながら達成感も味わえた。
        緊急事態宣言が解除になりましたが、マスク着用は継続すると思うので楽しみながらマスク作りに励みたいと思います。

        グループホームはるや
        原  広美

        仲間に感謝

        0
          昨年2月より、3事業所を管轄することとなり1年が経過しました。アルフィック総社への勤務は減少し、現在では週3回となっております。
          アルフィック総社配属から8年間、責任者として良い事業所作りを目指し、ずっと総社の仲間と一緒に仕事をしてきました。しかし今では3事業所を掛け持つことで、個々のスタッフとの関わりも非常に薄くなったと感じており、少しさみしい気もしています。
          そんな中、今年も4月末に誕生日を迎えました。誕生日の朝、いつも通り出勤してみると自分の机の上にメッセージと誕生日プレゼントが置いてありました。誕生日にスタッフからプレゼントをもらえるなんて思ってもいなかったので、朝からすごく嬉しい気持ちになりました。
          その後、追加の贈り物が私の机の上に置かれていました。宛名が無かったので少々不安に思いながら、スタッフに促され、箱を開けてみると中身はウイスキーでした。
          そのウイスキーボトルのラベルには加工が施されており、ラベルには私の似顔絵が彫刻されていたのです。まさにサプライズでした!こんな嬉しいサプライズプレゼントに心の中では涙が出るほど感動していましたが、みんなが期待しているようなリアクションも取れず、内心申し訳なく感じております。
          不器用な私は、ひそかに写真に残し、自分の宝物として保存しています。




          43歳になり、若さを失っていくことはさみしい気もしていますが、いくつになっても特別で嬉しい日だと感じています。

          現在、新型コロナウイルスの影響で、世の中の雰囲気も悪く、心まで少々疲れを感じていたところ、仲間のおかげで元気を取り戻すことができました。仲間に感謝です。
          こんな素晴らしい仲間に囲まれて、とても幸せです。みんなが「明るく、活き活きと仕事ができる」ように、今年も頑張っていきます。



          通所介護事業部
          中原 徹

          STAYHOME

          0


            さて、4月16日に全国対象の緊急事態宣言が発令されて、3週間となります。
            私は、12年間グループホームはるやで働いていますが、ここまで厳密な感染拡大防止の対策を日々の業務やプライベートで実施したことは初めてです。基本的な感染症対策として、手洗い、うがい、マスクの着用、消毒などはしてきましたが、スタッフ全員のプライベートの行動制限まで、お願いすることになるとは思いもよりませんでした。
            現在、全国で「三密」を避ける行動をとりましょうと言われています。それが、「STAYHOME」です!皆さんもテレビやネットニュースでこの言葉をよく聞くと思います。
            スタッフも業務で疲れた身体をリフレッシュするために、休日の家での過ごし方を工夫して、ストレス発散しています。スタッフから、「家で子供達とたこ焼きパーティーをして沢山食べました。」や「任天堂スイッチを買って、ゲーム(どうぶつの森)をして癒されています。」とそれぞれ工夫をして、休日を満喫していますが、一番驚いたのが、「オンライン飲み会をしました!」と若い女性スタッフが楽しそうに教えてくれました。私は、オンライン飲み会は都会で行われる最先端の流行だと思っていたので、まさか当施設のスタッフが実施しているとは、驚愕でした。「STAYHOME」をお願いする立場として、このようにスタッフ達が前向きに捉え、「三密」を避けた行動を実践してくれて、感謝しかありません。
            新型コロナウイルスの感染拡大は、まだまだ続いています。これからも「STAYHOME」を実践していかなければなりません。はるや一丸となり、お互いに支え合いながら、この難局を乗り越えたいと思います。


            グループホームはるや
            立花 圭

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            BACK NUMBER

            SEARCH

            MOBILE

            qrcode

            ARCHIVE

            OTHERS