基準緩和型サービスの拡充

0
    コロナウィルスの影響により、デイサービスのお客様の中には自粛された方も多く、一定期間お客様が激減していました。最近ではお休みされていたお客様も少しずつ戻ってこられ、やっとアルフィックに活気が戻りつつあると感じています。そんな矢先、第二波到来か⁈と囁かれ日々不安な思いで利用されている方も多くいるのが現状です。

    今の私達にできる予防対策は行っていますが、まだまだ不十分であり限界も感じています。不謹慎かもしれませんが、いつ収束するか分からない見えない敵と戦うより、私はウィルスとの共存を選択します。巷では第二波到来の話しが囁かれつつもアルフィックをお休みされるお客様は以前に比べ明らかに少なくなっています。もしかすると、お客様もウィルスと戦うのではなく予防対策をしっかりと行い共存していく道を選びつつあるのかもしれません。




    【7月DM送付予定(玉野市、総社市、岡山市、赤磐市)】  ※ Rサポ協同作成 



    介護予防、日常生活支援総合事業は平成26年の介護保険法改正により創設された制度です。要支援者の介護予防については今まで介護保険法によりサービス内容が決まっていました。しかし、総合事業では市町村独自で基準等を定めることにより多様なサービスが可能となったのです。
    要支援者、事業対象者においては、サービスの選択肢が増え現行相当のサービスに加え、各市町村は独自のサービス内容を模索し、基準の緩和したサービスが次々に展開されました。しかし、未だ各市町村において基準緩和型のサービスはCMをはじめ利用者への浸透率が非常に低いのが現状です。

    基準緩和型サービスの事業者側の利点として、人員基準、時間設定(短時間)、サービス内容の緩和、また、日中のサービスと同施設にてサービスが行えることです。しかし、その分単価が低いため、新規参入事業者が少なく懸念されていたことも事実であります。そのため、現在に至るまで普及率が低いと考えられます。

    お客様やCMからの問い合わせの中で、「短時間のサービスはできないのか」などの声は以前から上がっていました。健康に不安があり運動はしたいが、時間の長いサービスは使いたくない。食事やお風呂などの日常生活はあまり困っていないが健康予防のため運動はしたい。など、利用者のニーズがあることを把握はしていました。

    日常的な活動が減り引きこもりが長期的になると、フレイユやサルコペニアの状態となり、次第に要介護の状態へと移行することは予測されます。体を動かさないと体力が落ちていくことは分かっていても、この時期、長時間大勢の方と同じ空間にいることには抵抗がある。そのような声が多く聞かれていました。
    だからこそ、今、基準緩和型サービス(短時間サービス)の需要が求められるのではないかと考えます。サービスの選択肢を拡げ、お客様にサービスを選んでいただき自身に合ったサービスの形で利用することが求められるのではないかと思います。

    我々、介護、医療業界もこんな時代だからこそ、様々な発想の転換が求められてくると私は考えています。

    コロナに負けるな!!!


    通所介護事業部 
    井上 宣弘

    ポジティブに捉えて!次回に向けて!!

    0


      ハーヴィスヒルズの駐車場を利用したアール・ケア祭りですが、
      今年度は新型コロナウイルスの感染拡大防止の為に誠に残念ではありますが、
      開催中止とさせて頂きました。

      『アール・ケア祭り』ですが、2016年より地域貢献事業として始まり、
      今では、各事業所のスタッフ、地元企業様の支援を頂きながら
      多い年では400名以上のお客様に来場して頂ける
      祭りへと成長していきました。

      新型コロナウイルスによる開催中止は残念ですが、
      来年以降に“より楽しめる”祭りへの準備を行う為の期間を
      得られたとポジティブに考えていき、いままで以上に
      アール・ケアらしく、地域の皆様と一体となった祭りが
      開催が出来るようにしていきたいと思います。

      また、いつ終息していくか分からない状況下で、
      新型コロナウイルスの“第2波、第3波が来ると予測されてます。
      今後の祭りの会場等の形態についても、この機会に見直し
      厚生労働省が出している「新たな生活様式」に沿った
      安全で安心な祭りの運営に向けて、
      今から対策を考えていきます。



      来年以降の祭り開催の際には、
      また皆様の協力を頂けると幸いです
      よろしくお願い致します。


      アール・ケア祭り実行委員
      (ハーヴィスヒルズ/ハーヴィス24玉野)滝澤 直樹

      ブタヤマさん

      0
        最近、様々なことがあり、心とは何かと考える事が増えた。

        私は人の心を少しでもよい方向に向かわせるお手伝いをしたいと思っているが、心が何者かも知らずにそんな事が出来るのだろうか?


        ある講義で絵本が紹介されていた。





        ブタヤマさんは蝶を追いかけているが、夢中になっている時に声を掛けられても気付かない。
        いつも振り返るのは誰もいない時だ。

        心はその本質を知ろうと追いかけるばかりでなく、その気配を感じることができなければならない、そしてひとりよがりに分かったつもりになってはいけない。
        日本における臨床心理学の第一人者である河合隼雄先生の言葉だ。


        人の心は、誰にも分からないし、外から因果的に原因がこうだからこうすれば良くなるのでは、と考えすぎると解決しないのかもしれない。


        でも、もしかするとブタヤマさんは気配に気付いているのに、あえて振り向いていないのかもしれない。
        怖いものは見えないふりもしたい。
        私は人間らしさとはそういうものだと思うし、人間はあやふやだからこそ人間なのだと思う。
        いろいろな捉え方があっていいと思うし、それを許容する心を持てるといいなと思えたばかりだ。

        絵本一つも奥が深い。

        訪問看護ステーション ママック
        山谷 友範

        "安心"のために!

        0


          “安 心”のために!
          葦束では、年2回を目標に葦束通信を発行しています。
          イベントや、皆さんが作られた作品など、ホットな情報をご家族の皆様にお知らせしています。

          通所して下さっているお客様は皆さん認知症の方です。
          その日のことをお帰りになるまで覚えておくことはできなくなっています。
          ご家族の方は、葦束でどんなふうに過ごしているのか?
          不安になってはいないか?他の方とうまくやっているのか?
          きっと気になっていらっしゃると思います。

           



          葦束では2年ほど前から、葦束日記をお客様一人ひとりに記入していただくようにしています。
          もちろん、字を書く、その日の振り返りをするなど色々な目的をもって行っていますが、
          もう一つ大きな目的に、葦束でとった写真を葦束日記にはさんで持ち帰ってもらい、
          その日の様子がなるべくご家族にも伝わるようにしています。

          お客様が、その時その時に楽しいと思い、心から笑えたり、喜べたりするそんな瞬間をたくさん作ることができるように私たちスタッフは考え、一人ひとりの方にあったプログラムを提供しています。
          お客様にとって居心地の良い安心できる場となるよう、そしてご家族にとって安心して任せられる場となるよう取り組む一環として、葦束日記や葦束通信を活用しています。

          この通信は、OT(作業療法士)の大月さんが担当してくれています。
          写真は、スタッフ全員がイベントや作品制作だけでなく、
          ことあるごとにお客様の素敵な場面を撮影しています。
          半年間の写真の選定だけでもかなり時間がかかります。
          そしてA3用紙2枚という結構なボリュームですが、皆さんの素敵な写真を見ながらの作成です。
          毎回にこにこパソコンに向かう大月さんです。

          今後も葦束では、ご本人の安心(質の良いケア)、そしてご家族への安心(報告)などなど、皆様に「安心」がお届けできるよう精進して参ります。


          認知症対応型通所介護 葦束
          藤井 由美

          〜感謝の気持ちを忘れないこと〜

          0
            2020年 春
            新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言全国に拡大という事態に、大きな不安と恐怖を感じました。
            先日、緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ油断は禁物だと感じています。

            そして今も尚、新型コロナウィルス感染者の対応にあたってくださっている医療従事者の方々に心より感謝と敬意を表します。

            つい先日まで
            自粛生活を余儀なくされ、不要不急の外出が禁止され、緊張や不安な気持ちで家にこもる日が続きました。

            私自身、その期間中をどんな風に過ごしていたかを思い返すと、
            感染に対する恐怖や不安で、どちらかというと暗い気持ちで過ごすことが多かった気がします。
            そんな中、たわいもないことですが気持ちがほっこりする出来事がありました。

            それは、
            庭の草抜きをしていた時のこと
            生い茂った雑草の中に複数の四つ葉のクローバーを見つけました。
            自然と笑みが浮かび、誰かと共有したくて思わず写真に収めました。


            また、 気分転換に散歩に出かけた時のこと、普段ならこの時季、大勢の人で賑わう藤棚のある公園はひっそりと静まりかえり、まるで貸し切りのような状態でした。
            今年もいつもと変わりなく、薄紫色の可憐な花を咲かせ、藤棚から垂れ下がる藤の花に心が和まされました。

            新型コロナウィルスの感染拡大により、人々の生活が大きく変わってしまっても、植物は何も変わらず今年もまた花を咲かせていました。


            自粛生活が続く中
            改めて思ったのは、平穏な日常は当たり前ではなくとても尊いものであり、
            私生活でも職場でも、色々な人が携わって日常があるということ。
            その日常に感謝の気持ちを忘れてはいけないということを強く思いました。

            そして、
            一日も早くコロナ禍が終息し、穏やかな日常が戻ることを祈ります。


            最後にもうひとつ
            こちらは嬉しいお知らせです。
            4月に財務部に新しい仲間が増えました。今年学校を卒業したばかりの社会人一年生です。


            姉妹? 親子? 歳は離れていますが、心はひとつです。
            4人で力を合わせ、常に感謝の気持ちを忘れず、一丸となり業務に取り組みます。
            どうぞよろしくお願いいたします。

            財務部  藤井小百合

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            BACK NUMBER

            SEARCH

            MOBILE

            qrcode

            ARCHIVE

            OTHERS