ブタヤマさん

0
    最近、様々なことがあり、心とは何かと考える事が増えた。

    私は人の心を少しでもよい方向に向かわせるお手伝いをしたいと思っているが、心が何者かも知らずにそんな事が出来るのだろうか?


    ある講義で絵本が紹介されていた。





    ブタヤマさんは蝶を追いかけているが、夢中になっている時に声を掛けられても気付かない。
    いつも振り返るのは誰もいない時だ。

    心はその本質を知ろうと追いかけるばかりでなく、その気配を感じることができなければならない、そしてひとりよがりに分かったつもりになってはいけない。
    日本における臨床心理学の第一人者である河合隼雄先生の言葉だ。


    人の心は、誰にも分からないし、外から因果的に原因がこうだからこうすれば良くなるのでは、と考えすぎると解決しないのかもしれない。


    でも、もしかするとブタヤマさんは気配に気付いているのに、あえて振り向いていないのかもしれない。
    怖いものは見えないふりもしたい。
    私は人間らしさとはそういうものだと思うし、人間はあやふやだからこそ人間なのだと思う。
    いろいろな捉え方があっていいと思うし、それを許容する心を持てるといいなと思えたばかりだ。

    絵本一つも奥が深い。

    訪問看護ステーション ママック
    山谷 友範

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    SELECTED ENTRIES

    BACK NUMBER

    SEARCH

    MOBILE

    qrcode

    ARCHIVE

    OTHERS