手作りマスク

0


    グループホームではインフルエンザの対策として11月から出勤時には手洗い・うがい・
    手の消毒・検温を行い仕事中マスク着用を徹底し行ってきました。
    私たちで出来る予防を現在も継続しています。今年はインフルエンザに感染したお客様・スタッフ0名でした。
    新型コロナが全世界で感染拡大し手の消毒・使い捨てマスクも注文が出来ない、店頭にも無い状況、社内にある使い捨てマスクも数に限りがあります。グループホームは生活の場なので、
    お客様・スタッフが万が一感染した時の事も考えると緊急時に備えて使い捨てマスク・予防着の代用になる雨合羽・ゴーグルなどの準備などもしています。

    ある時YouTubeを見ていると手作りマスクが沢山紹介されているのを私はぼんやり見ていました。手作りマスク?効果があるのかな?と思い調べてみました。
    「せきエチケット」を守る為には効果がありそうです。つけるときには鼻から顎の下までカバーし、顔との隙間がないように着ける事も大切だそうです。
    結果今では休みになると手作りマスクづくりに励んでいます。
    最初はスタッフに声を掛け使い捨てマスクを利用できるようにマスクカバーを作りましたが、かなりの息苦しさで今では立体マスク、折り上げ立体マスク・大臣風マスクなど少しでも息苦しさを感じず仕事がしやすいマスクを作る用にYouTubeとにらめっこしています。

    こんなエピソードがありました。出来上がったマスクを見るとそれは手縫いのマスクでした。私はミシンで縫うものだと勝手に思い込んでいました。ひと針ひと針丁寧な縫い目を見て私はとても感動しました。どんな状況にあっても人の為に誠意を尽くす気持ちに感謝で一杯です。
    男性スタッフもマスク作りに挑戦してくれました。最初は立体マスクを何時間もかけて手縫いで作っていましたが今ではミシンで折り上げ立体マスクを30分ほどで縫い上げています。
    マスク作りを通して色々な築きがありました。
    得て不得手はありますがスタッフが協力的だった。
    製作に関して意見を出し合いより使いやすく作りやすい物が出来上がっていった。
    材料も手分けして購入することが出来た。
    マスク作りを通して楽しみながら達成感も味わえた。
    緊急事態宣言が解除になりましたが、マスク着用は継続すると思うので楽しみながらマスク作りに励みたいと思います。

    グループホームはるや
    原  広美

    Related Entry

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    SELECTED ENTRIES

    BACK NUMBER

    SEARCH

    MOBILE

    qrcode

    ARCHIVE

    OTHERS