いつまで美味しく食事をするために

0

    5月より下中野では、食事前の11時45分より嚥下体操を行っています。
    簡単に嚥下とは「飲み込み」のことで、舌や口の周りや首の筋肉を使い、食べ物などをのどの方へ送り込み、さらに食道へと一連の動作のことをいいます。
    嚥下体操はそのために必要な筋肉の体操です。
    高齢者になってくるとその嚥下機能が低下し、食事の際に少しの水分や食事でむせてしまいます。
    しっかりとむせることで、気管に入ってしまった食べ物を吐き出すことができます。この「むせる」という動作には、背筋や腹筋、しっかりと足を地面につけふんばる足の筋肉なども必要となってくるのです。
    嚥下体操を始めて一か月が経ちましたが、お客様みなさん一生懸命やってくださっています。中にはむせが気になると参加して下さる方もおられます。

    人一倍大きな声で「パ・タ・カ・ラ!!」と頑張るお客様も。
    嚥下体操を続けていくことで、食べる筋肉のトレーニングだけでなく、ニコニコ笑顔を作ったり、楽しくしゃべることにもつながります。
    ほほを膨らますことが苦手だったり、咳払いがしにくいお客様もおられます。そんな方々のサポートをこの取り組みで出来たらと思います。
    下中野の大切なお客様がいつまでも美味しく食事し、わっはっは〜♪と笑っていられることを祈りながら。

    ディサービスセンターアルフィック 下中野  河野 三惠

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    BACK NUMBER

    SEARCH

    MOBILE

    qrcode

    ARCHIVE

    OTHERS