総社の星

0
    今年の4月よりアルフィック総社へ新入社員が1名配属となりました。
    その名も八藤 拓巳くん。
    アルフィック総社への新入社員の配属は、実に7年ぶりとなります。
    配属される八藤くんは、社会人初めての職場ということもあり、並々ならぬ緊張感があったと思いますが、受け入れるスタッフ側も期待感を持ちつつ、どこか緊張感を漂わせる様子も見受けられましたが、事業所としても新入社員の八藤くんを気持ち良く受け入れてあげたい、という心優しいスタッフの提案で、職員用出入り口に「ウェルカムボード」を飾り、4月16日の初出勤を「ウェルカムモード」で迎えました。

    週末には、ママック・アルフィック合同の新入社員歓迎会でスタッフとの交流を深めました。
    配属されてちょうど1ヶ月が経過しましたが、とても素直に、そして熱心に業務に取り組む姿勢に将来への期待を抱かせてくれています。
    責任者そしてプリセプターとして、八藤くんの将来のビジョンを見据えた教育を目指して、「総社の星」を輝かせ続けていきたいと思います。

    アルフィック総社
    門田 裕司

    心機一転

    0
      皆様はじめまして。
      今回初めてブログを書かせて頂きます。

      以前はアルフィック十日市で働かせて頂きましたが、この3月からアルフィック下中野で働かせて頂いています。
      アルフィック十日市では入社してから約9年働かせて頂き、私自身とても大好きな事業所で今思い返すと様々な出来事があり、沢山の経験をさせて頂きました。

      3月よりアルフィック下中野で働く中で、事業所規模や配置、体制の違い、またお客様の雰囲気など全く違うもので、戸惑うこともありました。

      異動して約1か月が過ぎ大好きな事業所を離れた寂しさはありますが、今新たな気持ちで働かせて頂いています。

      その中で色々目標はありますが、まずはアルフィック下中野が苦手な整理整頓から頑張っていこうと思います。
      私自身も苦手な部分で、アルフィック十日市にいた時からよく社長にご指摘を頂いたことを思い出します(不思議と専務が来られる時にだけ机の上に空き缶を置きっぱなしにしていてご指摘頂いたことも…(笑)。

      最近では事務所内も綺麗に保つことが出来ている為、この調子で事業所内外も綺麗にしていきたいと思います。



      通所介護事業部 デイサービスセンター アルフィック下中野
      梶原 亮


      「玉野・灘崎訪問看護の会」研修会に参加して

      0

        今回、初めての投稿となります。
        4月23日(火)は「玉野・灘崎訪問看護の会」主催の研修会を開催しました。この研修会は玉野市内と灘崎の訪問看護ステーションの管理者が集まって主催している研修会で、年に3回ほど実施しています。この度は地域包括支援センターの職員の方に講師をお願いし、玉野社会福祉協議会の事業紹介と、玉野市における新しい総合事業(住民同士の助け合いの仕組みづくり)のお話をして頂きました。

        参加者は訪問看護ステーションの看護師・リハビリスタッフ・介護士・ケアマネジャーの方々で、すこやかセンターの研修室で40名弱の参加がありました。

        この研修に参加してみて、知らなかったサポート体制やサービスがあることを知り、この研修を今後の業務の中で還元していきたいなあと思いました。また、地域の中での住民同士の助け合いや仕組みづくりの検討の活動を知ったり、実際の活動の様子の風景もスライドで見ることができ、興味も沸いてきました。機会があれば参加してみるのも、地域の実情がよくわかりよいかと思えた研修会でした。

        訪問看護ステーション ママック
        小野 圭子

        プロフェッショナルとは…

        0

          コウスケ オキ…


          と、申します。初めてブログを書かせて頂きます。


          先日、広島市内で開催されたマイナビ医療・福祉業界就職セミナーへ人事部と一緒に参加してきました。学生たちと話をすることで、私自身学生の頃に何を思って新卒でアール・ケアに入社したのか?ということを思い出すきっかけとなりました。


          私が入社したのはおよそ10年前ですが、新卒の理学療法士はまだまだ病院志向が強い時代だったと思います。そのような中で在宅という分野のプロフェッショナルになりたいという想いだけで入社を決めた記憶があります。


          さて、私は当初思い浮かべていたような在宅のプロフェッショナルに少しでも近づくことが出来ているのでしょうか…。
          そもそも当時は何をもってプロフェッショナルといえるのかなど考えたこともなく、漠然とそのように思っていました。


          今現在、沖にとってのプロフェッショナルとは…
          ぶれずに目的を達成しようとする人であると考えています。

          理学療法士としての知識・技術の向上はもちろんですが、この会社でどのような目的をもち、何を実現していくのか、そのビジョンを明確にしておかなければ軸がぶれて当然かと思います。
          そして、責任者としては私自身がプロフェッショナルに近づくのは必須であるうえに、後輩の育成という場面でもこのぶれないということは重要であると考えています。
          今後も私たちがプロフェッショナル集団として成長できるよう日々邁進してまいります。


          P.S お昼に食べたのは「MAWASHI-GERI」というお店のお好み焼きでした。鉄板メニューも豊富でお好み焼き食べながら一杯やるにはもってこいのお店です(当日はもちろん水でしたよ)。

          訪問看護ステーション ママック岡山
          沖 行祐

          一歩ずつ一歩ずつ

          0
            「ゴルフがしたいなぁ」半年前のお客様の一言がきっかけでした。
            何年も前からお客様同士の会話では耳にしたことがあったのでおうかがいするも「冗談だよ冗談」とずっと言われ続けていました。
            しかし、半年前にそのお客様から個別に相談があり何十年かぶりにゴルフがしたいんだとお声をいただきました。そのお客様は病気の関係で肩が挙がらない、腰が回らない、しゃがめない、ゴルフをするには難しいなと私自身感じてしまいました。その中でもチャレンジしてみたいとお客様本人の気持ちが強く私も一緒にチャレンジしようと決意しました。日を追うごとに肩が挙がり腰が回りしゃがめるようになり半年経った現在、少しずつゴルフクラブを振りボールを打てるようになってきました。
            お客様の笑顔を見た時、改めて一緒にチャレンジして良かったと思うと共に何歳になってもチャレンジ精神を持たないといけないと感じました。
            そして、お客様のやってみたいを引き出すことも私たちの使命であると改めて思わせていただきました。
            ゴルフコースへの道のりはまだまだ遠いですが一歩ずつ一歩ずつまずは打ちっぱなしからスタートできるよう一緒に歩んでいきたいと思います。

            通所介護事業部 アルフィック山陽
            岡崎 涼太

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>

            SELECTED ENTRIES

            BACK NUMBER

            SEARCH

            MOBILE

            qrcode

            ARCHIVE

            OTHERS