専門職の自覚と自制

0

    (画像:岡山県保健福祉部健康推進課資料より)

    世界的な新型コロナウィルスの蔓延と共に、国内でも一部都府県に緊急事態宣言が出るなど感染症対策の渦中にあります。
    感染されている方、また残念ながらお亡くなりになられた方々に心よりお見舞いと哀悼の意を表します。日本に限らずこの状況が打開される光が1日も早く見えることを祈念すると共に、今は自分にできることに尽力したいと思います。

    収束した訳ではないので早いかもしれませんが、この一連の状況において「情報」というものについて感じることを書きたいと思います。
    中国で発生してから現在まで、マスコミをはじめ各メディア、インターネット、SNS等で様々な意見や情報が氾濫しました。

    感染力が非常に強いことや肺の繊維化や換気能に後遺症的な影響も起こり得ることなど注意と対策の重要性、警鐘を促しつづけることに疑念の余地はありませんが、個人的にはマスコミ、メディアの報道については、何が論点なのか情報として何が大切なのかが不透明で、ただ未知のウィルスである点や死亡者が何名といった闇雲に危険を煽っただけのように思え、選挙や政党支持率に影響が出そうな中高年の有権者に対する自粛要請や批判的意見は少なかったりと、インタビュアーやコメンテーターのやり取りも番組としての予定調和の展開でしかないようにも思えて遺憾でした。かたやインターネット、SNSでは玉石混交、ゴシップや摩訶不思議といえるような珍情報まで入り乱れており、情報の信頼性の判断が難しいことを改めて痛感するところです。

    その中で一番危ないと思ったのが、中途半端な知識や肩書きをもった人によるいかにも正しい雰囲気を出した発信です。
    どこから引っ張ってきたのか分からないデータ、データや他者の意見を断片的に用いたり、一般の人は判断しにくい資料などを背景に自分の意見に合わせた情報を取り合わせた自己解釈の発信です。そして、私は「○○(資格名)です」等を付けて発信しているものも少なくなく、個人の意見なのか客観的な情報なのかもわからないものが多くみられます。

    勿論、言論の自由もありますし、インターネット上は個人の情報発信におけるハードルが低いのは既知の事実です。
    また、その発信をされている方も自らのもつ知識と調べた内容を基に発信されているのだと思います。社会のためを思っての発信でもあるかと思いますが、その裏に自己承認欲求、自己顕示欲が見え隠れするもの、あわよくば自らのビジネスに誘導するようなものもあります。
    情報があること、多くの情報へのアクセスが当たり前になっている今、発信をする側のリテラシー、モラルが問われます。自由や権利主張だけでは社会のバランスはとれません。
    中途半端な知識と肩書きに頼った情報は混乱を招くだけであること、もっと厳しい言い方をすれば身の程を知った上での発信が重要なものと場面があることを私も含め専門職は強く認識すべきだと思います。

    自らの技能を他者と社会のために役立てることは、特に医療・介護・福祉の専門職の責務でありますが、状況を正しく認識し専門職としての自覚と自制をもった言動をしていきたいものです。


    アール・ケア コンディショニングセンター
    栗山 務

    居宅介護支援事業部 NEW FACEご紹介

    0


      桜の花もほころび、ぽかぽかと過ごしやすい季節となりました。
      新型コロナウィルスの感染拡大が深刻となっている昨今、皆様不安を募らせながら過ごされている事と存じます。罹患された方々、生活に影響を及ぼされている地域の方々には、心よりお見舞い申し上げます。

       アール・ケア居宅のトピックスとしましては、この度、1/21〜岡山居宅に1名、4/1〜玉野居宅に1名、新たにケアマネジャーの新戦力が加わりました!!
       岡山居宅配属の徳永優子CMは、デイサービスや福祉用具のスタッフとして経験を積み、念願だったケアマネジャーの仕事を毎日はつらつとこなしています。竹を割ったような、真っ直ぐで素直な方で、とてもサッパリとしていますが、お客様の生活に寄り添い、一緒に課題を乗り越えて行く姿には彼女の熱い想いを感じます。
       玉野居宅配属の寒川淳哉CMは、ケアマネジャーとしての経験もあり、専門職として「もっと成長したい」という志を持って当居宅に来て下さいました。そのご意向に沿えるよう、居宅スタッフ全員でしっかりとサポートしていきたいと思います。
       アール・ケア居宅には新人ケアマネジャーの育成を役割とする「主任介護支援専門員」が玉野・岡山併せて8名在籍しています。教育体制が備わっており、未経験のケアマネジャーでも安心して働いていただける事・・・これはアール・ケア居宅の大きな強みだと思っています。
       以前、山根社長の言葉に「ケアマネジャーの良し悪しは人間力と、プランが自立支援の観点を重視しているか否かに尽きる」とありました。人として、専門職として成長していける仲間が増えた事に、心から感謝しながら、これからもアール・ケア居宅は邁進致します。
      介護にお困りの方がおられましたら、お気軽にお申しつけ下さい。


      居宅介護支援事業所アール・ケア岡山
      紙谷 えり子

      トイレ掃除管理委員

      0
        ママック総社にはトイレ掃除管理委員というものが存在し、2年目スタッフの高崎と藤川が委員である。
        仕事内容としては名前の通り、事業所のトイレ掃除を管理している。


        (トイレ写真につき、お食事中等の方はすみません。)

        発足から1年半、彼らの仕事は、

        .肇ぅ豼歃方法の確立
        ▲肇ぅ豼歃の周知
        トイレ掃除の役割分担(分担表の作成)
        ぅ肇ぅ豼歃実績の管理・報告
        ゥ肇ぅ豼歃から5Sの浸透

        簡単に以上。


        トイレ掃除の実績まで管理、報告してくる彼らの発信内容は、なぜか面白い。
        会議での報告では、笑いが起こるほど。

        しかし、そうしてくれているとトイレ掃除しなければならない気が湧いてくる。
        掃除を忘れると、フォローしなければと、チームで動き出す。
        おかげで、ここ数か月トイレ掃除実績100%。
        おのずと、事務所内でのトイレ掃除の話題は、笑顔が絶えない話題となる。
        そして、新しく入ったスタッフには、いつの間にかトイレ掃除教育・引継ぎが発生する。
        これは広い意味で、5Sは浸透していると言える。

        掃除業者が抜け、トイレ掃除が滞るという事態を受け、彼らに依頼しただけだったけど、
        彼らは見事に期待以上、120%の成果を出してくれている。
        そして、この度、事務所の掃除、感染対策・対応に向けた取り組みを始めてくれている。
        大いに期待するところであるし、彼らにまかせとけば大丈夫という安心感がある。


        本当に上手に運営してくれていると、感心する。というか、すごく勉強になる。
        こんな事業所運営ができたらと反省する。彼らに負けてられない。頑張っていこう。


        訪問看護ステーション ママック総社 
        大塚 啓介

        「ありがとう」は魔法の言葉

        0
          先日、私の祖父がアール・ケアのグループホームはるやに入所しました。思い返せば10年ほど前、物忘れが気になると通院。その時は気にしすぎでしょと思いながら、10年経った今は認知症が進み、孫の顔も覚えていません。
          多分、おじいちゃんはこうなることに気づいていたんだなと思います。

           この間会いに行き、爪切りをしてあげました。
          そして、その最中に私の名前を呼んで「ありがとう」と一言。
          その瞬間だけ昔のおじいちゃんに戻った気がしました。
          心がふっと軽くなり、自分を忘れてしまったおじいちゃんへの複雑な感情が解き放たれたような、そんな不思議な気持ちになりました。

          「ありがとう」のパワーってすごい。そう改めて感じたエピソードです。

           アール・ケアで働き始めて約10年。
          私はこの会社でたくさんの「ありがとう」の言葉に出会いました。
          やりがいを与えてくれ、心が元気になる魔法の言葉だと確信しています。

           これからも心に寄り添ったおもてなしで、たくさんのありがとうを生みだせるサービスをお客様に提供していきます。


          最後に私の祖父の写真を1枚。



          なんとも幸せそうです。はるやのスタッフの皆様をはじめ、サービスに関わるすべての方に支えられています。いつも本当にありがとうございます。

           私が帰るとき、「先生!ありがとう」と笑顔で送ってくれました。


          デイサービスセンターアルフィック西大寺
          松本 裕奈

          ターミナルケアとしての福祉用具

          0


            近年、ターミナルの方のお話をよく頂き、ケアマネジャ―や訪問看護師と一緒に看させていただくことが増えております。
            昨年、私の使命だと思わせてくれた末期癌の方とのお話があります。

             まだ40代半ばの女性で、ご主人と可愛い幼い子どもたち3人の5人家族。
            ある時いつものようにご依頼頂き、退院に合わせて特殊寝台及び付属品、手すり、エアーマットレス、車椅子を納品しました。
            退院当日とその翌日は頑張ってご自宅のトイレまで歩いて行かれるとのことで手すりを使われていました。
            しかし三日目は全く歩けなくなり、腹水がたまり、車椅子も幅が大きいものに変更。少しでも外の空気が吸えるようにスロープも納品。
            四日目。痛みが増強し、体位変換器を納品。数日痛みと闘いながらお子様とご主人のために頑張っておられましたが、七日目天国への旅立たれました。
            訪問する度に「車いすへ座るの楽になった。有難う。」「体位変換器を使って側臥位で寝るとよく寝れた。有難う。」と声を振り絞っておっしゃって下さいました。
            痛くて辛かったでしょうが、常に周りに感謝の御言葉を述べられている姿勢に、私は励まされ、もっと少しでも痛みを和らげてあげたい、今できることをしてあげたいと使命のようなものを感じました。

            在宅で終末期を過ごされる方にとって福祉用具は必要なことが多いです。
            少しでも長く快適に在宅で過ごせるよう、迅速な納品は勿論、その後も寄り添い、必要なものを追加・交換し最期までご本人様らしい人生を生きるお手伝いが必要です。
            これからも使命感を常に感じながら、お客様に寄り添っていける福祉用具専門相談員・福祉用具チームを目指します。
            (写真はエアーマット研修の風景)


            ☆責任者ブログにて 旅好きな私が発見した福祉用具・環境等をちょこっと掲載させていただきます。☆

            今回は、【鹿も喜ぶ?ちょっとした段差スロープ】



             ※写真は宮島の散歩道に設置されたスロープ
            ほんの少しの段差でもスロープがあれば嬉しいものです。
            緩やかなスロープで安心して通ることが出来そうです。


            アール・ケア 福祉用具サービス
            古屋 絵美

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            BACK NUMBER

            SEARCH

            MOBILE

            qrcode

            ARCHIVE

            OTHERS