1周年を迎えて

0


    訪問看護ステーション ママック総社として平成27年12月1日に事業所を開設してから、はや一年が過ぎようとしています。

    開設当初はご挨拶や書類整備に追われ、少し落ち着いたと感じた時期には看護24時間体制の開始、そしてスタッフの増員・・・とにかくあっという間に過ぎてしまった一年でした。

    ほとんどのことを各スタッフ自身で行なってくれており、また、エリア・職種ごとで取りまとめを行なってくれるスタッフもいるので、まったくと言っていいほど責任者としての仕事をしていない状態でしたが、特に大きな問題もなく事業所運営ができています。

    今後は、頑張ってくれているスタッフに感謝しながら、責任者として、働きやすい職場環境と仕事へのやりがいを提供できるように尽力していきたいと思います。また、事業所全体としては、お客様やご家族・地域の皆様の期待に応えるためにできることは何か、この課題に常に向き合って進んでいきたいと思います、明るい未来を信じて・・・



    訪問看護ステーション ママック総社
    川田 真司

    ワンランク上の居宅介護支援事業所を目指して

    0
      鮮やかな紅葉の季節となり肌寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
      来たる10月16日、『日本介護支援専門員協会 全国大会in北海道』に当事業所から二宮CMと白川CMが参加し『ワンランク上のケアマネジャーを目指して〜スキルアップ委員会の取り組み〜』と題して、ケアマネジャーの人材育成と事業所運営の工夫について、日頃取り組んでいる事を発表して参りました。



       地域包括ケアシステムの構築を見据え、ケアマネジャーとして自立支援ケアプランを立ててマネジメントする事は当然となりつつある昨今、事業所としてはプロとして役割を全う出来る人材育成にも力を入れていかねばなりません。当居宅では事業計画に沿った委員会制を取り入れており、その中でも人材育成の分野を担うのがスキルアップ委員です。2ヶ月に1度は全ケアマネジャーが集合し、スキルアップ委員の主導でアセスメント・ケアプラン作成・課題整理等テーマを決めて研修を行っています。各CMの実務を通してその研修効果が徐々に感じられるようになりました。これからも事業所で取り組んでいる事やケアマネジメント技術の向上に必要な事項は、社内外に向けて発信しつつ、選ばれるケアマネジャー、選ばれる事業所を目指して邁進していきたいと思います。





       北海道で二人が食べたラーメンとジンギスカンとスープカレーです。
      よく学び、よく食べた2日間だったそうです(笑)!!


      居宅介護支援事業所アール・ケア
      紙谷 えり子

      ママック岡山の取り組み

      0




         10月30日(日)、昨年に引き続き、2回目となる介護技術講習を開催させていただきました。

         ママック岡山の沖さん、森田さん、野元さんが中心となり、しっかり準備した中で開催されました。関係事業所の18名の方々が参加してくださり、盛況な会となったのではないかと感じています。これもひとえに、参加してくださった方々、準備に尽力し、当日協力してくれたスタッフのおかげです。この場を借りて、お礼申し上げます。

         ママック岡山では、今後も、介護する側、介護される側、どちらにも優しい介護技術というものを伝えていくことができればと考えています。そこに、リハとしての技術や視点を盛り込んでいくことで、我々の強みを発揮していきたいです。

         来年も企画します!是非奮ってご参加いただければと思います。また、日頃介護などで困っていることがあれば、ご相談ください!ご相談があればお伺いもしますので!

        訪問看護ステーション ママック岡山
        大塚 啓介

        日々勉強

        0


          地域包括ケアシステムに向けての研修に参加させて頂いております。
          テーマとしては、『岡山市 新総合事業』『在宅医療について』『地域づくり』『介護保険推進全国サミット』と内容は様々です。

          どの研修においても注目されていることは、行政、医療、介護などのサービスと地域の方々を巻き込んだ密接な関わりであり、住み慣れた地域で支えあう仕組みの構築が重要ということです。

          研修に参加させて頂く度に痛感するのは、自分自身が制度の理解や地域の取り組みに対しとても勉強不足だということです。
          ですので、これからもどんどん地域に関わる研修や医療に関する勉強会に参加し、各専門業種の方や地域の方々と良い関係が築ける様頑張っていきたいと思っております。
          そのうえで、事業所として地域にどう貢献できるのかをスタッフと一緒に考え、取り組んでいきたいと考えております。
          もし、地域に関わる研修等がございましたらご紹介いただけると幸いです。

          デイサービスセンター アルフィック西大寺
          岩田 教宏

          訪問介護の記録の仕方も進化する!

          0


            私たちは平成28年3月より、特定事業所加算(機砲鮗萋世掘∈まで以上に地域から信頼されるホームヘルプステーションと成るべく、日々、進化しております。

            今日はその進化の一つをみなさんにご紹介いたします。
            当ステーションでは、在籍のホームヘルパー全員にタブレット端末を貸与し、訪問業務へ携行しております。訪問先での記録記入もスマートフォンの操作と同じように、タブレットを操作して記入しています。
            記入した記録は、終了処理をした瞬間に、他担当者との共有が可能で、自宅から直行直帰のヘルパー業務では成し得なかった、リアルタイムでの情報共有が可能になりました。
            例えば、訪問前に、前回の様子を確認することが出来たり、個別のパスワードを使用し、他職種との連携もタイムリーになりました。得られたメリットは多く、お客様、ヘルパー、会社の三方にとっても可能性も拡がったと思います。


            ホームヘルプステーション アスト中央
            新古 太郎

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            27282930   
            << November 2016 >>

            SELECTED ENTRIES

            BACK NUMBER

            SEARCH

            MOBILE

            qrcode

            ARCHIVE

            OTHERS