祖母との別れ

0

    今回3回目の投稿となります。
    今年の7月に母親方の祖母が99歳で亡くなりました。12月で100歳を迎える予定でした。5年前まではデイサービスへ週2回通いながら自宅で一人暮らしをしていました。5年前のある日、玄関先で転倒し、大腿骨骨折をして入院となり、94歳で何度か転倒を以前にしており、骨がもろくなってDrから手術は難しく保存治療、車いす生活で自宅に帰るのは難しいとのことで施設入所が決まりました。それから5年間、施設での生活でした。年に2〜3回は面会に訪れると年相応の認知はありますが、訪れると決まって「よく来てくれたな。連れて帰ってくれたらいいけど、足が困難だから帰れんわ」と話をしてくれました。その施設ではリハビリがあるところだったので、「歩けるようになったら家に帰ろうな。また来るから」いつも声をかけて帰っていました。自分もここ1〜2年は子どもが出来き、まだ小さいのでお互い風邪等をもらったらいけないと思い、会う機会が減っていました。定期的に母親から状態を聞いたり、着替えを持っていくのに付き添った際、施設の外から会う程度になっていました。去年の99歳の誕生日を迎えた時は施設でインフルエンザが流行っており、会えなかったので100歳の誕生日を迎えた時に自分の子どもを近くで会わせてあげたいと自分の中で勝手に思っていました。しかし、今年の3月から新型コロナウイルスの影響で施設の面会は禁止になり、母親が着替えで遠くから見守る程度しか会えない状況となりました。そして今年の7月初旬に少し体調がおかしいとのことで入院となり、入院した次の日には体調が落ち着いていると病院から連絡があったが、その日の夕方、体調が急変したと病院から連絡がありました。母親が到着した時には人工呼吸器をつけている状態でドクターからはもう手の施しようがないとのことでした。死因は心不全でした。葬儀には自分の子どもも参列することができ、直接合わせることができませんでしたが、99歳まで生きたその生命力に敬意を表し、心の中で「今までありがとうございました」、「ゆっくり休んでくださいと」伝えました。
    私は入社した時から「自宅でお客様に長生きをしてもらいたい」という強い思いがあります。
    そのきっかけをくれたのは祖父母です。
    まだまだ、見えない敵との戦いは続きますが、「長生きするには」を追及していきたいと思っています。



    通所介護事業部 デイサービスセンター アルフィック平井

    菅沼 善博

    下中野イベント

    0


      以前下中野でウォーキング月間としてお客様スタッフ問わず10万歩を目標に自主トレーニングの一環として歩いて頂きました。
      事前に普段自主トレとして10分間歩行をして頂いている平均歩数から利用回数など計算し、目標歩数10万歩を出しました。
      今回の目的は自主トレーニングとして普段されていないお客様でも楽しんで運動をして頂きたいという所から始まり、されていないお客様も参加して頂けるか不安はありましたが、お客様から声を掛けてくれて沢山のお客様に自主トレ歩行をして頂けました。

      スタッフもお客様と一緒に歩いたり、業務後スタッフ同士で歩いたりしましたが、結構ハードですね。。。
      今後も沢山のお客様に楽しく運動して頂けるように色んなイベントを企画していきます。


      アルフィック下中野  梶原 亮

      大切にしている言葉

      0


        ・あなたがこのスポーツを始めたきっかけや影響は何ですか?
        ・あなたがこの会社に入ろうと思ったきっかけは何ですか?
        このような質問を皆さんも必ず聞かれたことがあると思います。
        人生において、「きっかけや影響」というのは自分自身の成長過程における具体的な理由づけになります。
        僕は、「きっかけ・影響」と言う言葉をとても大切にしています。
        僕も36年間の中でたくさんの人と出会い、たくさんの人から様々なきっかけや影響を受けてきました。
        もちろん、現在も仕事やプライベートで様々なきっかけや影響を受けながら日々過ごしていますが、現在僕には9歳の長男、7歳の長女、9ヶ月の次女がいます。
        子供達にも子育て・教育として、家族内の5つの教えを大切にしています。
        その内の2つがこの言葉です。
        「1つ1つのきっかけを大事にしよう」
        「たくさんの影響を受けて、影響を与えよう」
        特に、長男長女は小学生になり凄まじいスピードで新しい事を学び、成長しています。
        今までは、親が子供にさせたい事(勉強や習い事)を誘導して行っていましたが、これから子供達がさらに成長して自立していくためには、子供達自身で1つ1つの事に興味を持ち、楽しさや難しさを知り、さらにその1つに対して興味を持ち、継続して続けれるようにならなければいけません。
        子供達にそのきっかけをつくったり、影響を与えてあげること、そして支えてあげることが親としての役目なんだと、最近よく感じています。
        また周囲からの影響というのもとても大事だと思っています。
        今年に入り、長男長女はあるスポーツを始めました。そのきっかけは、長女の同級生の家族からのお誘いでした。ごく普通なきっかけですが、そのきっかけにより、僕が学生の頃から思い描いていた「理想の家族像」があるんですが、つい先日その夢が1つ叶いました。僕にとってはこの夢の実現は親の影響であり、親がきっかけをつくってくれたものでした。何気ない周囲からの一言が僕にとっては1つの大きなきっかけ・影響となりました。この代々受け継がれた「きっかけ・影響」を大切にし続けて、我が子にも伝えていけたらなと思います。


        通所介護事業部
        デイサービスセンター アルフィック総社
        門田 裕司

        所長の愛

        0


          訪問看護は医療的処置は勿論ですが、便出しや入浴介助など猛暑の中、日々頑張っています。
          業務は日中だけではなく、夜間の緊急対応や電話相談などもあり、緊張が絶えない状況が続くことが多々あります。
          日中の訪問では、お客様によってはエアコンもついていなかったり、入浴介助なのでもろに暑い中での介助なので、どっちが入浴をしたのかわからないほど汗びっしょりになり、看護師も脱水症や熱中症寸前のこともあります。
          そんなある日、山谷所長が「看護師さん達大丈夫ですか?暑さ対策でこんなものがあったんで、看護師さん達使ってみて下さい。よかったら僕追加を買ってきますから。」と沢山の暑さ対策グッズを買ってきて下さいました(写真は一部です)。事務所に帰ってきて、ぐったりとしているのを見かねられたのかもしれません。そんな山谷所長の気遣いに対して、私たち看護師は山谷所長からの“愛”を感じました。日々の状況を責任者が理解して下さっている、というのは本当に心強いです。この心遣いで、看護師たちはほっこりとし「いやあ、うちの所長はわかってくれてるなあ!嬉しい!」と口々に申しておりました。
          改めて、この場を借りてお伝えします。
          「山谷所長ありがとうございました!感謝しています!」

          訪問看護ステーションママック
          小野 圭子

          禍(災い)を転じて福と為す

          0
            「コロナ禍」という言葉がすっかり定着してきた昨今ですが、恥ずかしながら最初の頃は「渦中」という意味で「渦」と書いてあるものだと勝手に勘違いしていました。
            よく見るとなんか違うな…と、ある日気づきました。

            未だ感染者の増加に歯止めが効かない状況であり、罹患して苦しんでいる方々もいる中で「福」という言葉を持ち出すのは語弊があるかもしれませんが、この「禍」をいつか「福」となせるよう、我々ができることに日々取り組んでいかねばならない、と考える今日この頃です。

            新しい取り組みとして当事業所では、リモートでの勉強会を定期的に開催するようになりました。
            限られた時間の中での取り組みという点、今できることを広く行いたいという想いもあり、15分程度で要点を伝えるショートレクチャーという形で、全セラピストが繰り返し順番に行えるよう始めました。





            今までは集団で実技練習などを行うことが多かったので、直接対面しない中で如何に分かりやすく伝えるか、そしてこれまであまり勉強できていなかった分野など、セラピストとしての力を高めるためのいい機会だと考えています。

            外部での研修会はほとんどがストップしていましたが、学会なども徐々にリモートでの開催などに切り替わってきている段階です。今までは遠くて参加しにくかった研修会なども自宅で参加出来るようになってきています。

            嘆いたり悲観したり文句を言ったところで「禍」は消えてくれません。今出来ること、そしてこの先出来ることを柔軟な発想で模索しつつ、前を向いて過ごしていくことが「福」に繋がるのかもしれません。
            若いスタッフの力や発想にも頼りながら(事業所に20代は一人しかいませんが…)、皆で積極的な意見を出し合える環境を作れるよう努力していきます。


            訪問看護ステーションママック岡山
            沖 行祐

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            27282930   
            << September 2020 >>

            SELECTED ENTRIES

            BACK NUMBER

            SEARCH

            MOBILE

            qrcode

            ARCHIVE

            OTHERS